人間の体の60%以上は、水分だといわれています。
ですから我々は、「水・人・間・だ」といえるほどです。
体の大部分を占める水分の、「役割と影響」を考えてみましょう。

体内の浄化に不可欠・・・

例えばお洗濯などの汚れ落としなどでも、少ない水で落とすより、十分な水の量で洗濯をした方が、断然汚れ落ちが良いはずです。
体も同じです。
十分な水分があれば排泄し易く、また酸素も配給し易くなります。
何よりも、汚れが溜まりにくい体が出来上がります。

細胞レベルで必要な存在・・・

細胞内もたくさんの水分を必要としています。
細胞の代謝を促すには、水分の存在は極めて大切です。
水分により細胞の生まれ変わりが助けられ、新陳代謝がアップし、さらには免疫能力が整えられ、健康体質へと導かれます。
水は地味な存在ですが、体の基本的な「役割と影響」において、どんな栄養素やサプリメントよりも、大切な仕事をしているのです。
このように大切な水分を、
@「体内に有効に送り届け」
Aさらには「体が必要とする時間帯に効率よく届く」
ことで、ご自身が整え持つ免疫力が、より高いレベルで発揮され出します。